スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っていること 理解していること

佳です。
シューティングをチームメイトより早くきてやる
車の中でハンドリングをしながら出勤
自宅でのウエイト

これは全てやったもん勝ちです
みんなそれは『知っている』けどやらない
本当にやった方がいいと『理解している』ヤツは行動しています

このブログもそう…
K1がこの間アップしてくれたが、大分凍結させちゃってました
おれも新しい記事をアップしたほうが、面白いし、話題になるし、大会などで、『ブログ見たよ!』って言ってくれる人もいる。実は楽しみにしている人がもちろんフェイクにもいて、書いたほうがいいのは、『知っていた』けどかきませんでした。

火曜日のアラゴンの練習で、みっちゃんに、今日感じたことをノートに記して、FBなどに載せましょうと言っていた。でもやる人は2割くらいだと思う。おれも、廣瀬やK1と日々バスケの話を車でし、何度も治したいと思うところや、やってはいけない反省点などを振り返ってきた。
が、またやる。
試合に対してどういう気持ちで臨んだときにいい結果、悪い結果がついてきたのか…
そういう振り返りをして、次回に活かしたいと何度も思った。しかしやらなかった。

みっちゃんは日々バスケのノートを片手に、バスケのビデオを見て、いつもバスケばかり考えてるね!
とウチで言われてるらしー
俺もそのくらいバカになってやりたいな、と思い、みっちゃんに言われた火曜日に自宅へ帰る前に、ノートを購入してみました(=゚ω゚)ノ

やっと俺も『知っている』から『理解する』へと進化を遂げ、プレイ中の悪癖をなおしていきたいです。

まあ、屁理屈っていうか、言葉遊びなんだけどね(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

人数は関係ない

日付がかわってしまいましたが。
今日はポルンガさんの練習に参加させてもらいました。
ポルンガのみなさん、ありがとうございました。
来週も行きます・・きっと!
K1です。

今日は水曜日(昨日)の練習内容を書きます。

①シュートドリル
・3シュート(3本ずつ)
・ハイポスト付近でのジャンプシュート(左右7本ずつ)
②足足ボール(1人1回ずつ)
③フリースロー(2本)
④ゴリラ(はずした分)
休憩(3分)
⑤ハーキー(各2セットずつ)
・ノーマル
・90度
・180度
・サイドステップ
⑥フリースロー
⑦ナイン(30秒)
休憩(3分)
⑧サーキット(1周)
⑨ゲーム

以上です。

夏は暑くてダルいのに・・いや夏だからこそ練習しましょう。
昨日はこのメニューを4人でやりました。
練習に人数は関係ないですね。
大切なのは「観ている景色」だと思います。(この話はまた後日)
FAKEのみんな、今こんな練習やってるよ。
おもしろそうでしょ?
勝つために、練習しましょう!

今週末のSリーグが楽しみで眠れないK1でした。



本当の意味

K1です。
今から書くことは、勝手な主観ですので。
最近バスケから離れていて、その間考えていたことです。
今更って感じもあるんですが・・

「全員バスケ」という言葉の意味。

全員で平等に出場すること?

違うと思います。
練習の時から、チームで共通意識を持っていること。
チームのワンピースとして、自己犠牲できること。
(まだまだありますが)

試合に出れなくてつまらない・・と感じているメンバーが
チームに1人でもいたら、強くはなれませんよね。
試合には勝てないでしょう。
たとえ勝ったとしても、それは喜びではなく、ただの自己満足の可能性が高い。

「現象には必ず理由がある」
某ドラマでの決まり文句ですね。
物理学だけでなく、バスケでも同じだと思います。

試合に出れない。
プレイタイムが少ない。
ボールをもらえない。
シュートが決まらない。

これらすべてに理由があります。
例えば・・
・プレイタイムが少ないのは、ディフェンスができないから。
・ボールがもらえないのは、もらうための動きをしていないから。

そこから目を背けて、「全員で」?
「ありえません」m(__)m
自分の弱点を克服するための練習を、あなたは本当にしていますか?

これは、うちのチームにもしかり。
チームの目標はなんでしたか?
市民戦優勝?ベスト4?全員で出場すること?

このままだと、また1回戦で負けるでしょう。
俺は嫌です。

社会人だからできない。ではなく、
社会人だからできる、に変えましょう。

秋季市民戦まで、あと2ヶ月です。

ムカつくプレイヤーとの対戦

佳です。
一度は経験してるかと思うんだけど、俺はムカつくプレイヤーとのマッチアップが結構ニガテ。
まあムカつくと言ってもいろいろ…
口うるさいヤツや、手グセ悪いヤツ…俺がよくあるのは、こっちは正当なあたりをしているのに、強いあたりに慣れていないそいつがイライラし始めるタイプ。こいつはかなりやっかい。

まあそういうのはなんでもいんだけど、俺は能力が低いので、そういうヤツをやっつける術をもちません。なので、そういうヤツが相手のときにはカッとなって攻めないようにします。むしろいつもよりも攻めの回数が減りそうになります。ただ、それは相手に合わせたバスケになるので、そうならないよう努力はしますが、なかなかコントロールできません。やっぱりムリにシュートいったり、いつも決めれるシュートを外します。やっぱりバスケに限らずだけど、性格大事だなあ~と思います。最近出会ったのは、ナメてるのかやる気ないのか、全くシュートチェックしてこないヤツ。駆け引きが成り立たないので、ピャッと打って外しちゃいました…もう1人は小学生みたいなメンタルのヤツ。コートに相手のチームが6人いて、えっ?ってなったままスローインでプレイ再開。ボールの入ったそいつはワンドリしてジャンプシュート打つ。スパッ。いや、6人いるよ、6人。ってなって、ああじゃあもう一度…みたいな空気でもっかいスローインって流れで、

ええっ?今シュート入ったのに…

本気で言ってはいないと信じるが、このセリフは空気がどうとかより、小学生だ。
いや、6人いるままプレイとかバスケあるあるじゃん…何その一言??


まあまあそんな感じで世の中には何を目標に生きているのかサッパリ見えてこない、ウンコなヤツらで溢れています。マナー向上委員会の私としては、見過ごすわけにはいかないが、さすがに小学生に注意はできません。子供嫌いだし。


話は結構飛んだけど…
実はムカつくプレイヤー上等だとも考えています。
ようはウェルカムってこと。

そういうヤツが敵にいると燃えるじゃん。大概の人は話せばまあまあわかる人多い。
けど俺は馴れ合いはあまり好みません。
そういう倒したい敵がいてこそのバスケだとも思うんで。俺も日々どこかで反感買ったりなんだりムカつかれていると思います。でもそこでムカつくプレイヤーを俺は貫きます。むしろ誇りに思います。そいつの中では俺は敵となるので、これまで文中で述べたが、それが逆に自分にもふりかかります。

でも、そういう敵いてのバスケだから、俺は敵を演じます。

結果と準備

WBC、日本負けましたね。
色々言われていますが、
私としては「よく準決勝までこれたな」というのが率直な感想です。
専門家ではないので、大きなことは言えませんが・・。
今回の反省を生かし、4年後に期待。

さて、あるスポーツ記者の言葉です。
今回のJAPANは「準備と執念が足りなかった」と。
スポーツの世界は「結果」がすべてです。
その選手がどれだけ練習をして、どれだけ汗を流してきたかなんて
大抵の人は興味がありません。
プロと呼ばれる人達の宿命ですね。

ならば、結果を出すために必要なことは?
私は「準備」がすべてだと思います。
準備といっても、内容は様々です。
心の準備、技能の準備、体の準備。心・技・体ですね。
心→モチベーションの維持
技能→個人能力の向上
体→体調管理(食事)
この3つのバランスが高いレベルで、うまくとれているときは、
観ている人を惹きつけるようなプレーができる可能性があります。
「結果と準備=終わりと始め」
どんなに体調管理をしたって、練習しなければダメ。
練習して自信をつけなければ、モチベーションなんて上がらないんです。
つまり準備(練習)あるのみ。
ただ、準備(練習)ってのはすぐに成果が出ないから、続けるのが辛くなる。
忍耐も必要なわけです。

練習内容を変えて3ヶ月。
準備(練習)に耐えてこれた人には、そろそろ成果が出始める頃かな。

水曜日はFAKEvsFAKEに期待。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。